HOME > にきびについて > にきび痕の治し方

にきび痕の種類

にきびを悪化させてしまうとなかなか治りにくいにきび痕が残ってしまいます。にきびによって肌が炎症を起こすと、にきびが治ったあとも赤みが残ることがあります。
この炎症によってメラニン色素が生成されるとシミが残るようになります。このふたつよりさらに治りにくいのが肌表面がクレーターのようにでこぼこになるにきび痕です。
にきびが真皮層まで破壊してしまうと新しい皮膚が再生できなくなってしまうためです。


にきび痕のケア

まずはこれ以上肌にダメージを残さないために、新しくにきびを発生させないということが一番大切です。
ですのでにきびを予防でき、同時ににきび痕をケアできるような化粧品を使うことをおすすめます。ピーリング効果のある化粧品であれば、肌の再生能力を向上させることができます。 にきび痕のあるダメージ肌をすばやく健康的な肌に回復させることができます。またビタミンC誘導体も色素沈着に効果があります。 皮膚の再生能力に頼れないクレーター状のにきび痕の場合にはレーザー治療も取り入れるとよいでしょう。

プロアクティブ+の口コミ・感想を見る>>

プロアクティブ+の公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る