HOME > にきびについて > にきびの種類

白にきびと黒にきび

にきびには白にきび、黒にきび、赤にきび、黄にきびと色によって四種類に分類することができます。
またその色によってにきびの状態は異なり、それぞれ対処の仕方も変わってきます。白にきびはにきびの初期段階で、閉じた毛穴の中に皮脂や角質が溜まっている状態です。
黒にきびは毛穴が開いて詰まったコメドが見えている状態です。皮脂と角質が酸化して黒くなります。


要注意の赤にきびと黄にきび

赤にきびは白にきびから一段階進み、アクネ桿菌によって炎症を起こしてしまった状態です。
赤にきびがさらに悪化してしまうと赤く腫れ上がり、膿が溜まるようになります。この状態が黄にきびと呼ばれます。赤にきびや黄にきびまで症状が進むと、クレーターや色素沈着といったにきび跡が残ってしまいます。
白にきびから悪化させないように注意しましょう。

プロアクティブ+の口コミ・感想を見る>>

プロアクティブ+の公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る